高く売りたい!【仲介売却】

  • HOME
  • 高く売りたい!【仲介売却】

不動産を高く売る仲介売却の基礎知識Mediation

不動産会社と媒介契約を結び、売却を行う方法を「仲介売却」と呼びます。
仲介売却は不動産をできるだけ高く売りたい方に適しており、納得できる金額での取引が期待できるのが特徴です。
ここでは、「ヤマダ不動産 福山店」が、仲介売却を解説します。

高く売りたい……こんなお困りごとありませんか?

高く売りたい……こんなお困りごとありませんか?

  • 転勤が決まったので今の家を売りたい
  • 相続した土地を売って手放したい
  • 家族の人数が増えて住み替えを検討している
  • 売却したい物件がなかなか売れない
  • 所有している古い物件の解体費用を出せない
  • 不動産売却を業者にサポートしてもらいたい

そもそも仲介売却とは?

そもそも仲介売却とは?

不動産の仲介売却とは、売主が不動産会社と媒介契約を結ぶことで、売却までの流れを支援してもらう方法です。契約を結んだ不動産会社は、販売活動や買主との交渉をはじめとして、売買契約が成立するまで売主のサポートを行います。

仲介売却の特徴は、不動産を売主の希望に近い価格で売却できることです。自分で価格を決めることができるため、不動産を価値に見合った金額で手放したいときに適しています。引き渡しまでにかかる時間は、一般的に3~6カ月が目安です。

また、仲介売却では、売買契約の成立後、不動産会社に「仲介手数料」と呼ばれる成功報酬を支払います。不動産会社の協力を受けられる安心感も特徴といえるでしょう。不動産を納得できる金額で売却したいときや、業者のサポートを受けたいときに選ばれる方法です。

仲介売却のメリットは高額売却

仲介売却のメリットは高額売却

不動産の仲介売却でもっとも実感しやすいメリットは、不動産の高額売却が期待できる点でしょう。とくに、「不動産買取」と比較したとき、より高い価格で売却しやすいのが仲介売却の特徴です。不動産買取とは、不動産会社が買主となり、売主から直接不動産を買い取る方法を指します。買主を探す時間と手間がかからない反面、売却価格が下がりやすい方法です。

不動産買取では、売主から買い取った物件を不動産会社が再販することで利益を出します。そのため、物件を売るためのリフォームやリノベーションの経費を含めて価格が算出され、仲介売却の相場よりも大幅に金額が下ることがあるのです。不動産をできるだけ高額で売却したいときは、仲介売却を選んだほうが納得できる取引がしやすいといえます。

仲介売却のデメリットは売却期間

仲介売却のデメリットは売却期間

仲介売却のメリットは、不動産に納得できる価格がつき、高額売却が期待できることです。その一方で、仲介売却にはデメリットもあります。それは、不動産を売却するタイミングがはっきりと決まっていないこと。場合によっては、販売活動が長引く可能性も考えられます。

不動産の販売活動では、購入希望者がなかなか見つからなかったり、契約の条件交渉が難航したりするケースがあります。たとえば、不動産を売却する期限が明白に決まっているときや、速やかに手放したいときは、仲介売却に適さないといえるでしょう。

媒介契約の重要性

媒介契約の重要性

不動産の仲介売却では、「宅地建物取引業法」という法律に基づき、媒介契約を結ぶことが義務付けられています。この媒介契約が必要な理由は、売主と不動産会社とのトラブルを防ぐためです。契約書には、媒介契約が有効な期間や、その間の不動産会社の業務内容、仲介手数料の金額をはじめとして、売主に必要な情報が記載されています。仲介売却を利用する際は、契約内容をよくご確認のうえで取引を行いましょう。

媒介契約の種類

不動産の仲介売却で業者と結ぶ契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」という3種類のパターンがあります。それぞれの契約方法で、売主への報告義務や不動産情報サイトへの登録義務などが異なります。どの方法で契約を結ぶか迷ったら、下記の表を参考にそれぞれの特徴を比較検討してみましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

専属専任 専任 一般
依頼できる業者の数 1社のみ 1社のみ 複数社も可
自己発見取引 ※ ×
契約の有効期間 3カ月 3カ月 任意
業務報告頻度 1回以上/1週 1回以上/2週 任意
REINSへの登録義務 契約から5日以内に登録 契約から7日以内に登録 任意

※売主が自分で探した買主と単独で契約を結ぶ取引のこと

不動産の売却をお急ぎの方には“不動産買取”がおすすめです

不動産の売却をお急ぎの方には“不動産買取”がおすすめです

不動産を売却する方法は、仲介売却のほかに不動産買取を選択できます。今回ご紹介した通り、不動産買取とは不動産会社が買主となり、お客様の物件を直接購入する方法です。スピーディーに売却活動を完了させたいときに適しています。

仲介売却と不動産買取のどちらを選ぶべきか、以下のページで不動産買取について確認したうえで、ぜひじっくりとご検討ください。リンク先では、「ヤマダ不動産 福山店」が不動産買取について解説いたします。