お困りの方へ【空き家・空き地】

  • HOME
  • お困りの方へ【空き家・空き地】

空き家・空き地に関する問題・お悩みについてEmpty

相続などで受け継いだ実家。しかし、遠方にすでにマイホームを構えていることから活用が難しく、取り急ぎ空き家にしている、という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、空き家の放置にはさまざまなデメリットやリスクが考えられます。
こちらでは、「ヤマダ不動産 福山店」が、空き家・空き地の問題について解説します。

空き家・空き地に関するこんなお困りごとはありませんか?

空き家・空き地に関するこんなお困りごとはありませんか?

  • 長年放置して管理できていない空き家がある
  • 相続した空き家が放っておいたせいで老朽化してしまった
  • 空き家や空き地をどう管理していいか分からない
  • 空き家にかかるラインニングコストが気になる……
  • 「特定空き家」というものがあると聞いたが、よく分からない

空き家・空き地は身近な社会問題

空き家・空き地は身近な社会問題

相続は多くの人にとって身近な問題です。もしもご両親が戸建てやマンションを所有している場合には、相続の日がいつか来ると考えるべきでしょう。その際には、税金や遺産分割だけでなく、空き家・空き地の問題に直面する可能性があります。

現在空き家は、日本における大きな社会問題として捉えられています。総務省統計局の報告によると、平成30年度における全国の空き家率は13.6%。さらに、この割合は年々増加の一途を辿っています。少子高齢化による人口減少などを考えても、今後空き家の数が増え続けるのは明らかと言えるでしょう。

福山市の人口変動率

総務省が公表した2018年1月1日現在の日本人の人口は、前年に比べて0.3%減の1億2,520万9,603人でした。これは9年連続の人口減であると同時に、過去最大の減少人数です。福山においてもこの問題は他人事ではありません。2,018年の福山の人口は約47万人。しかし、予測によると約20年後には、約44万人にまで減少するとされています。

福山市の人口予測

引用元:http://www.ipss.go.jp/pp-shicyoson/j/shicyoson18/t-page.asp

人口の減少は不動産にも大きな影響を与えます。賃貸はもちろん、売却においてもニーズが低下し、購入希望者様が少なくなる可能性が考えられるでしょう。「今は空き家だけど、いつか売れば大丈夫」と思っていると、将来的に買い手が見つからないという事態に見舞われるおそれがあります。

福山市の土地価格の変化

2013年のアベノミクスにより、日銀による異次元緩和が開始。それから6年間で、福山市の土地価格(国土交通省による地価公示)は7.4%下落しています。

この結果を見ても、今後福山市で不動産を売却しようとした場合には、以前のような取引価格にならないことが予測されます。そのため、地価が高いうちに空き家・空き地を売却しようという考えを持つ人も増えるでしょう。結果、供給が増えるためさらなる地価下落につながる可能性もあります。

空き家・空き地を放置のデメリット

空き家・空き地を放置のデメリット

放置された空き家や空き地は、地域社会にも悪影響を与えかねないと考えられています。たとえば建物に傷みが進んだり、庭に雑草がはえて荒れ果てたりすれば、周囲の景観を著しく損ねるでしょう。

また、荒廃した住まいには放火や不法侵入、不法投棄といった犯罪の温床になりえます。実際に、空き家に浮浪者が長年住みついていたという事例もあるほどです。この場合、空き家の問題は所有者だけでなく、ご近所トラブルなどの火種にもなりえるでしょう。最悪の場合、訴訟問題に発展する可能性すらあります。

固定資産税が6倍になる可能性も

固定資産税が6倍になる可能性も

2015年に施行された「空き家対策特別措置法」では、放置によって倒壊や衛生上有害になる恐れがある空き家を“危険なもの”とみなし、所有者に対して適切な管理および対処を求めています。もしもこの指示に従わない場合は、その建物は「特定空き家」に指定されます。この際、通常の住宅用地に比べて6倍もの固定資産税率が毎年かかり続けてしまいます。

特定空き家とは

特定空き家の要件について、もう少し詳しくご紹介しましょう。以下は、その定義です。

「特定空き家とは、建築物またはこれに附属する工作物のことであり、居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの、およびその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む)のこと」

上記に加え、特定空き家には以下の要件が定められています。

  • 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  • 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  • 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
  • その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にある空き家

放置を続け、劣化が進んだ空き家は「特定空き家」になる可能性が十分に考えられます。所有する不動産が「特定空き家」に指定されると、固定資産税が高くなるだけでなく、解体の指示が出された場合は、その費用を所有者ご自身で負担しなくてはなりません。空き家には、こうした経済的リスクも潜んでいるのです。

「ヤマダ不動産 福山店」なら“売却以外”もご提案します

放置を続けている空き家・空き地を売却によって現金化することは、さまざまなデメリット・リスクから逃れることにつながります。しかし、事情によって売却が難しいというケースもあるでしょう。この場合は、以下のような活用方法を検討してみるのがおすすめです。

賃貸 空き家を賃貸物件として貸す方法。また、空き地は駐車場として運営することもできます。賃貸することで定期的な収入が見込め、ランニングコストの補填にもつながります。
管理 適切な管理ができていれば、「特定空き家」に指定されることはありません。また、劣化・老朽化を防ぐことは、資産価値を守ることにもつながります。ご自身で管理するのが難しい場合は、不動産会社に管理を代行してもらうのもおすすめです。

上記のように、当社にはお客様のご事情に合わせ、さまざまなご提案を差し上げられる対応力がございます。専門的な内容の場合も、司法書士や税理士と連携を行い、最善のご提案が可能です。まずはどのようなことにお悩みなのか、当社までご相談ください。